ピザのマーケット

ピザ協議会の調査では、日本のピザ末端市場規模は、既に2,605億円(2014年度)となっています。昨年度のマイナスからプラスに転じました。ピザ末端市場規模2,605億円の内訳は、メーカーが作る業務用・家庭用のピザ製品と、ピザ宅配店やピザ専門店の提供するピザに大別されますが、その割合はほぼ同程度となっています。

メーカーのピザ製品は、8割強が家庭用 2割弱がレストランなどで使っていただく業務用に大きく分けられます。

末端市場規模2,605億円といっても、レストランや宅配、テイクアウト、冷凍ピザの販売も含めて5兆円近くの市場と推計できるアメリカに対して、日本はまだまだの数字です。でも逆に考えれば、日本ではこれからもますます、ピザの人気が高まってくることが予想されます。

 

ピザのマーケット推移(ピザ協議会推定)

ピザのマーケット推移

※上記数値はメーカー各社のピザ製品に基づく推定末端売上高に、ピザ宅配店・ピザ専門店のピザ売上高(メーカー製品利用分を除く)を足した金額

※2006年度よりクラストの対象からナン類を除外しました